[JPN-001]次世代ファイアウォールトラブル シューティングにおける情報収集

キャンセル
次の結果を表示 
表示  限定  | 次の代わりに検索 
もしかして: 
告知
重要なadvisoryがございます。Customer Advisoryエリアにサインインし、advisoryに添付の日本語PDFファイルをご確認ください。
L4 Transporter
100%が役に立ったと言っています (1/1)

トレーニングコースコード JPN-001 「次世代ファイアウォールトラブル シューティングにおける情報収集」の内容を動画にいたしました。

本トレーニングは次世代ファイアウォールに関するお問い合わせを弊社に Case Open する前あるいは実施頂いた後にどのような情報を採取するべきかについて、網羅的に解説することを目指しています。
また、一次切り分け、調査に際して多く利用されるステップ、ヒントとなる情報をご紹介いたします。

 

ご視聴にあたって

Palo Alto Networks次世代ファイアウォールについて、一定の知識をお持ちの方に向けて作成しています。そのため、視聴対象として、以下のいずれかに該当される方を想定しています。

  • 「EDU-210 トレーニング」を受講済の方
  • Palo Alto Networks次世代ファイアウォールの保守業務に携わられる方

動画中ではリンクの紹介を行っています。

各リンクについては、「"次世代ファイアウォール トラブルシューティングセミナー (情報収集編) "(コースコード:JPN-001) リンク集」よりご参照ください。

 

動画一覧(目次)

  1. Course Agendaと設定上の注意点
  2. 障害発生時に収集するログ、情報
  3. ケース スタディ1
  4. ケース スタディ2
  5. ケース スタディ3
  6. ケース スタディ4
  7. ケース スタディ5
  8. ケース スタディ6
  9. ケース スタディ7
  10. ケース スタディ8
  11. 障害発生時の情報収集(パケット ドロップ)
  12. 障害発生時の情報収集(Anti Virusシグニチャの誤検知)
  13. 障害申告にあたって
  14. Appendix

動画メニュー

1.Course Agendaと設定上の注意点

 

2.障害発生時に収集するログ、情報

 

3.ケース スタディ1

4.ケース スタディ2

 

5.ケース スタディ3

 

6.ケース スタディ4

 

7.ケース スタディ5

 

8.ケース スタディ6

 

9.ケース スタディ7

 

10.ケース スタディ8

 

11.障害発生時の情報収集(パケット ドロップ)

 

12.障害発生時の情報収集(Anti Virusシグニチャの誤検知)

 

13.障害申告にあたって

 

14.Appendix

 

 

資料について

本ページおよび各動画について視聴制限を設けておらず、申し込みが不要でどなたでも参照できるようになっております。そのため、動画で使用している資料は配布しておりません。

動画中で紹介しているリンクを参照する場合は、「"次世代ファイアウォール トラブルシューティングセミナー (情報収集編) "(コースコード:JPN-001) リンク集」をご利用ください。

この記事を評価:
  • 2357 閲覧回数
  • 0 コメント
  • 0 賞賛
Register or Sign-in
寄稿者
記事ダッシュボード
バージョン履歴
最終更新日:
‎01-05-2022 01:03 AM
更新者: