エラーを含むインターフェース ハードウェア カウンタの確認方法

Printer Friendly Page

※この記事は以下の記事の日本語訳です。
How to Check Interface Hardware Counters Including Errors
https://live.paloaltonetworks.com/t5/Learning-Articles/How-to-Check-Interface-Hardware-Counters-Incl...

 

 

概要

ハードウェア エラーの可能性を含むインターフェースのハードウェア カウンタを確認するには以下のCLIコマンドを使用します:

> show system state filter sys.s1.p*.detail

 

本コマンドの出力形式は以下のようになります:

sys.s1.p.detail: { 'counter_label': value_in_hexadecimal(0x1234), ...}

*where x is port number

 

詳細

出力結果内のカウンタ情報は ラベル:値 のペアで表示されます。カウンタ値は16進数です。

注: カウンタは値が0x0以上の場合にのみ作成され、一覧として出力されます。

 

以下は PA-2050 における出力例です:

sys.s1.p1.detail: { 'collisions': 0x2cb0, 'late_collisions': 0x35, 'pkts1024tomax_octets': 0x11fac, 'pkts128to255_octets': 0x15235, 'pkts256to511_octets': 0x7fd2, 'pkts512to1023

_octets': 0xafe, 'pkts64_octets': 0xbae28, 'pkts65to127_octets': 0x1d9b0, }

sys.s1.p10.detail: { }

sys.s1.p11.detail: { }

sys.s1.p12.detail: { }

sys.s1.p13.detail: { }

sys.s1.p14.detail: { }

sys.s1.p15.detail: { }

sys.s1.p16.detail: { }

sys.s1.p17.detail: { }

sys.s1.p18.detail: { }

sys.s1.p19.detail: { }

sys.s1.p2.detail: { 'pkts1024tomax_octets': 0x134b3, 'pkts128to255_octets': 0x1bca1, 'pkts256to511_octets': 0xe3ea, 'pkts512to1023_octets': 0x1ef1, 'pkts64_octets': 0xd0831, 'pk

ts65to127_octets': 0x3fa20, }

sys.s1.p20.detail: { }

sys.s1.p3.detail: { 'pkts1024tomax_octets': 0xd2, 'pkts128to255_octets': 0xa3f9, 'pkts256to511_octets': 0x63d5, 'pkts512to1023_octets': 0x1, 'pkts64_octets': 0xb37b3, 'pkts65to1

27_octets': 0x17fee, }

sys.s1.p4.detail: { }

sys.s1.p5.detail: { }

sys.s1.p6.detail: { }

sys.s1.p7.detail: { }

sys.s1.p8.detail: { }

sys.s1.p9.detail: { }

 

この例では、ポート ethernet1/1 での duplex ミスマッチが collision カウンタによって容易に確認することができます。

 

著者: nbilly