不必要なダウンロード済みソフトウェアの削除方法

Printer Friendly Page

※この記事は以下の記事の日本語訳です。
How to Delete Unnecessary Downloaded Software Versions
https://live.paloaltonetworks.com/t5/Management-Articles/How-to-Delete-Unnecessary-Downloaded-Softwa...

 

詳細

Palo Alto Networks ファイアウォールは、ダウンロード済みソフトウェア・バージョンを、いつでも古いバージョンに戻すことができるために保存しています。アップグレード後、ディスクスペースの確保のために、古い、不必要なソフトウェアを削除したいかもしれません。

 

WebGUIから

WebGUI > Device > Softwareを選択し、内側のパネルから実行できます。内側のパネルには現在ダウンロード済みのソフトウェアが表示されています。そして現在使用していないソフトウェアを削除することができます。例えば、現在PAN-OS 7.1.2(ベースOSイメージとしてPAN-OS 7.1.0も必要です)にて起動しているとします。PAN-OS 7.0.1 or 6.1.0といった古いVersionが不必要だった場合、削除することができます。

 

del-sw-ver.pngDevice > Software tab showing the installed versions. Use the X to delete a version that is not currently activated.Device > SoftwareタブではインストールされたVersionが表示されています。”X”ボタンで、未使用なVersionを削除できます。

内側のパネルに表示されている、未使用の各PAN-OSの右側に”X”ボタンがあり、それをクリックすることで削除することができます。システムの起動には現行Versionとベース Version(例:PAN-OS 7.1.3が現行Versionで、PAN-OS 7.1.0がベース Versionの場合、双方とも削除することができません)が必要です。それ以外のVersionは削除することができます。

 

CLIから

以下のコマンドで古いソフトウェアを削除することができます :

> delete software version <filename>

PAN-OS 5.0.8を削除するコマンドの例です :

> delete software version 5.0.8

 

?キーや<tab>キーを入力すると、その他のオプションが表示されます。

 

消したいVersionを選択してください。この例では、PAN-OS 6.0.6が現行Versionで、ベース VersionのPAN-OS 6.0.0は削除できません。

cli.JPG

 

注意: これらのファイルが保存されているパーティションは”/opt/panrepo”です。”> show system disk-space”コマンドをファイル削除・前後で確認してみてください。古いVersionを削除後、スペースが確保されていることが確認できます。

 

著者: rborda