疑わしい(Suspicious)DNSクエリとは?

告知

ATTENTION Customers, All Partners and Employees: The Customer Support Portal (CSP) will be undergoing maintenance and unavailable on Saturday, November 7, 2020, from 11 am to 11 pm PST. Please read our blog for more information.

Printer Friendly Page

※この記事は以下の記事の日本語訳です。
What are suspicious DNS queries?
https://live.paloaltonetworks.com/t5/Threat-Vulnerability-Articles/What-are-suspicious-DNS-queries/t...

 

PAN-OS装置にて、疑わしい(Suspicious)DNSクエリがトリガーした脅威ログを示しています。

 

Detail of Threat log with Suspicious DNS Query.Detail of Threat log with Suspicious DNS Query.

 

疑わしい(Suspicious)DNSクエリのシグネチャとは?

疑わしい(Suspicious)DNSクエリのシグネチャは、潜在的にC2トラフィックに関連するドメインへのDNS名前解決をチェックします。このC2トラフィックはマシンが乗っ取られた兆候の可能性もあります。

 

疑わしいDNSクエリ・シグネチャは、多層防御を提供するために、キルチェーンの中のあらゆるポイントに保護を適用するPalo Alto Networks のアプローチのひとつです。これにより、攻撃者は攻撃を成功させるために追加の検査ポイントを回避する必要がでてきます。昨今の脅威環境は動的であるため、アンチウイルス、脆弱性エクスプロイトの検出、URLフィルタリングは有効ですが、さらに多くのことが可能です。 それは、潜在的な悪意のある接続先への接続を、名前解決が行われる前に切断することです。

 

疑わしいDNSシグネチャはアラート設定や、接続をリセットまたはドロップすることによって名前解決をブロックする設定、もしくは製品に備わっているDNSシンクホール機能を利用して被疑対象に接続しないような設定ができます。 パロアルト ネットワークスのベスト プラクティスは、疑わしいDNSクエリの送信元IPを特定できるように、シンクホールに設定することです。

 

不審なDNSクエリー・シグネチャはどのように機能しますか? どのように提供されますか?

疑わしいDNSクエリー・シグネチャ(以降、SDNSシグネチャ)は、シグネチャが存在するドメインへの名前ルックアップを検査するPAN-OSアプライアンスを通過するDNSトラフィックを元に動作します。 パケットのキャプチャがSDNSシグニチャで有効化されている場合、その中には単順に特定のドメインへのDNSクエリーが含まれます。

 

2.PNG

 

SDNSシグネチャは、パロアルト ネットワークス バックエンドのインテリジェンス情報収集の結果です。 WildFireサンドボックスにて検体を走らせた際の結果、外部インテリジェンス フィード、および研究者からの分析、などがその例です。

 

作成されたシグニチャは、次の2つの方法でPAN-OS機器に送られます。

 

  • WildFireコンテンツ、脅威ID 3,800,000 - 3,999,999。 デバイスのWildFireコンテンツ アップデート スケジュールの更新頻度の設定、およびシグネチャがまだ有効かどうかに応じて、15分ごとに更新することも可能です。 これらのシグネチャは、次のフォーマットで脅威ログに表示されます。Malwarefamilyname:domain(例: None:google[.]com)シグネチャを生成するために使用されたサンプルにファミリーネームが関連付けられていない場合は、「None」が代わりに使用されます。

 

  • アンチウイルス コンテンツ、脅威ID 4,000,000 - 4,199,999アンチウイルス コンテンツは、通常、およそ午前7時(EST)に、24時間に1度リリースされます。これらのシグネチャは、次の形式で脅威ログに表示されます。Suspicious DNS Query: Malwarefamilyname:domain(例:Suspicious DNS Query: None:google[.]com)シグネチャを生成するために使用されたサンプルにファミリーネームが関連付けられていない場合は、「None」が代わりに使用されます。

シグネチャは、コンテンツの「スパイウェア」部分に表示されます。シグネチャの脅威ID番号によって識別できるものの詳細については、このリンク(英文)を参照ください。

(※ 訳注:前述した脅威IDの範囲についても、最新情報はこのリンク先の記事を参照してください。) 

 

 

以前に検知されたSDNS クエリー シグネチャは、脅威モニターで名前が変更されていることに気が付いているかもしれません。なぜ起こったのか疑問に思うかもしれません。

 

現在のSDNSシグネチャの実装について、コンテンツの場合は一般的に、現在のコンテンツ内で各脅威にはIDが割り当てられています。割り当てられるコンテンツ スペースは無限でないため、とある時点において、SDNSコンテンツ スペースで最もアクティブで危険な脅威を保つことが優先事項です。脅威の状況が急速に変化するため、シグネチャは置き換えられることがあります。

 

脅威モニターUIの現在の実装では、現在ファイアウォールにインストールされているコンテンツ データベースから直接「名前」フィールドが照会されます。これが意味することは、一旦脅威モニターがロードされると、あるドメインで読み取られた以前のシグネチャトリガーが、現在のシグネチャに関連されたものに置き換わって表示されるようになることです。

 

例:

  • WildFireコンテンツ1では、Google[.]comがSDNS脅威ID 3,800,000に割当てられています。
  • この脅威が検知されると、脅威ID 3,800,000 Google[.]com が脅威ログに記録されます。
  • WildFireコンテンツ2がインストールされます。
  • WildFireコンテンツ2では、Bing[.]comがGoogle[.]comに代わってSDNS脅威ID 3,800,000が割当てられています。
  • 以前、脅威ログに記録されていたものは、Bing[.]comとして誤って表示されます。

 

今のところ、最も単純な回避策は、DNSトラフィックが通過しているセキュリティ ルールに割り当てられたアンチスパイウェア プロファイルを開いて、SDNSシグネチャでパケット キャプチャ採取を有効にすることです。 パケット キャプチャは静的なデータであり、変更されません。

 

3.PNG

 

DNSシグネチャが変更される理由についてはこの記事を参照ください。

 

不審なDNSクエリー・シグネチャの発生を検知したらどうすべきですか?

SDNSシグネチャ トリガーは、必ずしもスパイウェア感染を指し示すものではありませんが、他のインジケーターと共に使用して、危険にさらされている可能性のあるホストを特定するのに利用できます。ホストは、悪意のある行為であると言い切れない外向けネットワーク接続パターンを表示している可能性があります。

 

ホストがSDNSシグネチャが存在するドメインへのトラフィックを生成すると、プロアクティブなセキュリティ アナリストは、ネットワーク上のトラフィックを特定して検査やその他のアクションを保証するのに役立ちます。 もしホスト・トリガーにてSDNSシグネチャが検知されたのと同時に、AV検出、脆弱性シグネチャー検出、またはマルウェアとして分類されたURLのWeb閲覧などが見受けられた場合は、SDNSシグネチャを使用したことにより、そのホストに対してさらなるアクションが必要であることに確信が持てます。

 

AutoFocusのご使用の場合は、WildFireサンプルやその他の公開サンプルを調べ、マルウェアの判定を受けかつ特定のドメインに到達したサンプルを検索することができます。これにより、アナリストは、インシデント レスポンス アクションに備えるために、シグネチャが存在する理由と、疑わしいドメインへのトラフィックを生成したサンプルの動作を理解するのに役立ちます。

AutoFocus showing a query on a suspicious DNS domain.AutoFocus showing a query on a suspicious DNS domain.

そのシグネチャーをさらに調べるために、サードパーティーからのオープンソースの情報源は、セキュリティ コミュニティがどのような種類のインテリジェンスを、そのドメインに対して持っているかを調べるのに、とても良い方法です。

 

いくつかのサードパーティーを利用した調査サンプル例:

  • VirusTotal URLスキャンを使用して、他のベンダーの検査結果を確認します。

  • PassiveTotalを使用して、ドメインのパッシブDNS履歴を確認します。

  • WHOISを活用して、ドメインの所有者、登録日時、その他のデータの詳細を確認します。

 

アラートが調査するに値すると決まったら、ホスト上のパケットキャプチャによって、ユーザのアクティビティや疑わしいトラフィックなどのコンテキストデータを参照することは、さらなるアクションが必要かどうかの追加設定の助けとなります。

 

上記のすべてを行っても、特定のSDNSシグネチャが大量のアラートを生成していて、かつ、あなたが確認する限りそのドメインに対してネガティブな活動が見受けられない場合はどうしたらいいでしょうか?

 

この場合、Palo Alto Networksのサポートは、シグネチャが無効にすべき候補であるかどうかを特定する手助けをいたします。多くのお客様にシグネチャが重大なノイズを生成しているように見える場合は、脅威ログの調査に時間を浪費しないようにして欲しいと思います。 ただし、そのシグネチャに対し確証がある場合は、スパイウェア プロファイルの例外機能を活用して、トラフィックを許可してアラートを停止することができます。

 

不審なDNSクエリー・シグネチャのサンプル例:

 

SHA256の”932836effd33218470e1c78dad3505d59af31ecff599e875ed79f47114552883”をサンプル例としてみてみましょう。

 

このサンプルはPEファイルで、一旦実行すると、いくつかの不審なC2 HTTPトラフィックを作り出します。

1.PNG

 

 

結果、該当ドメインへのトラフィックを止めるためのC2ドメイン・シグネチャが生成されました。

2.PNG