Palo Alto Networks デバイスのディスク領域をクリアする方法

Printer Friendly Page

※この記事は以下の記事の日本語訳です。

How and When to Clear Disk Space on the Palo Alto Networks Device
https://live.paloaltonetworks.com/t5/Management-Articles/How-and-When-to-Clear-Disk-Space-on-the-Pal...

 

 詳細

Palo Alto Networks のデバイスは、保存済みのログがログ クォータの上限に達した場合、一番古いログから順に削除します。デバイスは "show system logdb-quota" コマンド結果にある各カテゴリ毎にログをパージします。
各プラットフォームでのログ パージ動作については、When are Logs Purged on the Palo Alto Networks Devices?を参照してください。
デバイスがディスクのルート パーティションを使い切っている場合、手動でのファイル削除が必要となります。ルート パーティションがフル状態の場合、デバイスは各コンテンツのインストール(アンチウィルス、アプリケーション及び脅威、URL)などの管理タスクの実行や、Tech Support ファイルの生成が出来なくなります。ルート パーティションの状態を確認するには、"show system disk-space" コマンドを実行します。Core ファイルは容量が大きい場合が多いため、必要のないファイルは "delete core management-plane file <ファイル名>" コマンドを使ってファイルを削除してください。
ディスク領域を参照及び削除するには、以下コマンドを実行します。

 

> show system disk-space


Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on

/dev/sda3 3.8G 3.8G 0 100% /

/dev/sda5 7.6G 3.4G 3.8G 48% /opt/pancfg

/dev/sda6 3.8G 2.7G 940M 75% /opt/panrepo

tmpfs 493M 36M 457M 8% /dev/shm

/dev/sda8 51G 6.6G 42G 14% /opt/panlogs


手順

  1. 容量の大きい Core ファイルがないかどうか、"show system file" の結果を確認します。

    >show system files

    /opt/dpfs/var/cores/:

    total 4.0K

    drwxrwxrwx 2 root root 4.0K Jun 10 20:05 crashinfo

     

    /opt/dpfs/var/cores/crashinfo:

    total 0

     

    /var/cores/:

    total 115M

    drwxrwxrwx 2 root root 4.0K Jun 10 20:15 crashinfo

    -rw-rw-rw- 1 root root 867M Jun 12 13:38 devsrvr_4.0.3-c37_1.gz

    -rw-rw-rw- 1 root root  51M Jun 12 13:39 core.20053

     

    /var/cores/crashinfo:

    total 16K

    -rw-rw-rw- 1 root root 15K Jun 10 20:15 devsrvr_4.0.3-c37_0.info

  2. "delete core management-plane file devsrvr_4.0.3-c37_1.gz" コマンドを使って、必要ないファイルを削除します。(このコマンドは、管理プレーンの device server の Core ファイルを削除する例です)
    レポートの削除も同様にコマンドライン上で実行することが出来ます。例えば、864 で始まるファイルをすべて削除するには、"delete report summary scope shared report-name predefined file-name 864*" コマンドを実行します。

 

著者: bpappas