URL フィルタリングの順序

Printer Friendly Page

※この記事は以下の記事の日本語訳です。

URL Filtering Order
https://live.paloaltonetworks.com/t5/Management-Articles/URL-Filtering-Order/ta-p/59334

 

問題

URL Filtering プロファイルの中で URL が複数の箇所(複数のカスタム URL フィルタリング カテゴリや、許可/ブロック リスト)にマッチした場合、どうなりますか?

 

解答

その場合、下記の中で一番厳しいアクションが設定されたカテゴリが選択されます(block が最も厳しく、allow が最も軽い)。

  1. block
  2. override
  3. continue
  4. alert
  5. allow

 

例えば、*.yahoo.com が同じ URL Filtering プロファイル内の MyAlertList と MyBlockList というカスタム カテゴリに同時に存在する場合、www.yahoo.com という URL に対するアクションは block となり、そのカテゴリは MyBlockList となります。これは、許可リストとブロック リストに同時にマッチする URL があった場合、許可リストより先にブロック リストがチェックされるのと同様です。

URL Filtering のプライオリティは以下の通りです。

  1. ブロック リスト
  2. 許可リスト
  3. カスタム カテゴリ
  4. キャッシュ
  5. 事前定義済みのカテゴリ

 

著者:  ukhapre