Dynamic Block List (DBL) や External Block List (EBL)の構成方法について

Printer Friendly Page

※この記事は以下の記事の日本語訳です。

How to Configure Dynamic Block List (DBL) or External Block List (EBL)

https://live.paloaltonetworks.com/t5/Configuration-Articles/How-to-Configure-Dynamic-Block-List-DBL-...

 

 

概要

本ドキュメントは、Dynamic Block List (DBL) や External Block List(EBL)の構成方法について紹介しています。

 

手順

  1. Objects > Dynamic Block Listの順にクリックします。
  2. Addをクリックします。
    今回の例では、source フィールドのURLは、 動的に取得される複数のIPアドレスが定義されたdbl.txtというファイルで構成されています。このファイルは、構成を行う前にWebサーバ上に作成されている必要があります。
    dbl2.png
  3. 指定されたファイルにアクセスできるかどうか, Test Source URLをクリックします。
    dbl1.PNG.png
  4. source フィールドで指定したURLにアクセスすることで、ファイルがWebサーバに存在していることを確認します。
    }dbl2.PNG.png
  5. request system external-list show name <name> を実行し、ファイルから詳細が取得できることを確認します。
    dbl4.PNG.png

 

参考情報:

Working with External Block List (EBL) Formats and Limitations

 

著者: ssunku