VM-Series(Amazon, Azure, CSSP)を使用したサポート ポータル アカウントの作成方法

Printer Friendly Page

※この記事は以下の記事の日本語訳です。

How to Create a Support Portal Account with a VM-Series Usage Based Model (Amazon, Azure, CSSP)

https://live.paloaltonetworks.com/t5/Management-Articles/How-to-Create-a-Support-Portal-Account-with...

 

 

Palo Alto Networks VM-Seriesを、パブリック クラウド市場やCloud Security Service Provider (CSSP)からご購入いただいた場合、サポート ポータル アカウントを作成することができます。

 

サポート ポータルのユーザーアカウントを作成:

  • 登録する(Register
  • Eメールアドレスと表示されている文字列を入力する。
  • "Register usage-based VM-Series models (hourly/annual) purchased from public cloud Marketplace or Cloud Security Service Provider (CSSP)"をクリックする。
  • ドロップダウンリストから、クラウド プロバイダーを選択する。

1.png

  • 新規ユーザーの登録フォームに必要事項を入力する。
    • "Display Name"は一意のものである必要があります。
      注:"Display Name"はPalo Alto Networksサポート コミュニティーにおいて、一意にご自身を特定するために使用され、一般の検索エンジンによって、検索、及び閲覧の対象となります。プライバシー保護のため、Display Nameにはご自身のEメールアドレスや氏名のご利用をお控えいただきますようお願いいたします。

 AWSユーザーは以下の情報が必要です :

  • 会社名を"Support Account Name"の下に入力します。
  • VMダッシュボードから、"AWS Instance ID  (i-xxxxx)"を入力します。
    例:i-f68cf626
  • 購入したAWSの製品コードを入力します。
  • VMを使用しているAWSの地域を入力します。 

Azureユーザーは以下の情報が必要です:

 

  • 会社名を"Support Account Name"の下に入力します。
  • VMダッシュボードから、Azure VMのシリアルナンバーを入力します。

           例:ABE7C2D77DD231

  • 購入したAzureの製品コードを入力します。

 

2.png

  • VMを使用しているAzureの地域を入力します。

3.png

 

 

  • ご購読されたいEメール アドバイザリーを選択し、EULAにご同意後、"Submit"ボタンを押してください。
  • アカウントを有効化するためのリンクを含むメールが送られてきます。

 

サポート ポータルでVMを表示する:

サポート ポータルにログインします。

"ASSETS"タブ内の"Devices"リンクをクリックします。

 

こちらもご覧ください。

How to Open a Support Case for a VM-Series Usage Based Model

 

 

著:nrice