Youtube、ストリーミング メディアにQoSを設定する

告知

ATTENTION Customers, All Partners and Employees: The Customer Support Portal (CSP) will be undergoing maintenance and unavailable on Saturday, November 7, 2020, from 11 am to 11 pm PST. Please read our blog for more information.

Printer Friendly Page

※この記事は以下の記事の日本語訳です。
Apply QoS for Youtube or Streaming Media
https://live.paloaltonetworks.com/t5/Configuration-Articles/Apply-QoS-for-Youtube-or-Streaming-Media...

 

この記事は、ストリーミング メディアサイトにQoSを設定する方法について述べています。

 

以下のようなトポロジーで、 Ethernet 1/3はLAN側に、Ethernet 1/1はWAN側に設定されています。

 

network layout.png

  1. QoSプロファイルを作成します。

    Create the QoS profileQoSプロファイルの作成

  2. QoSポリシーでトラフィックを特定のクラスにカテゴライズ設定します。

    QoS policy NameQoSポリシー名QoS policy SourceQoSポリシー送信元QoS policy DestinationQoSポリシ - 宛先
    制限をかけたい全てのアプリケーションを追加します:
    QoS policy ApplicationQoSポリシー - アプリケーション

    必要に応じて、URLフィルタリング・カテゴリーを設定します:
    QoS policy URL CategoryQoSポリシー - URLカテゴリー
    そして最後に、作成したポリシーをQoSプロファイルで一致させたいクラスに設定します:
    QoS policy ClassQoSポリシー – クラス

  3. これは重要なステップです。QoS プロファイルは送出パケットに適応されますので、ファイアウォールから大きなデータストリームが出ていくインターフェイスにそのプロファイルを割り当てる必要があります。この例では、クライアントはストリーミングをインターネットから受け取っており、大量のデータ フローがインターネットからクライアントへ流れているため、QoSプロファイルをクライアント サイドに適応することによって、フロー制御をします。
  4. QoS InterfaceQoS インターフェイス

QoS統計情報を確認します。Network > QoSに移動し、statisticsをクリックします。
QoS bandwidth enforcementQoS帯域実行結果

 

QoSについてのさらなる情報については、以下のGetting Started記事をご参照ください:

 

Getting Started: Quality of Service

 

著者: pankaku