Traps

Trapsエージェントのインストール手順(Windows端末へのサイレントインストール)

開始者 tmuroi ‎07-09-2017 05:01 PM - 編集済み ‎03-04-2019 11:33 PM (4,104 閲覧回数)

一般的に、Active Directory環境や台数が多い場合には、リモートでサイレントインストールを行うのが一般的なTrapsのインストール方法となります。また、VDI環境(non-persistent)やTemporary Session(ターミナルサーバへの接続端末環境など)利用時もこちらのインストール方法をご利用ください。

 

TrapsのWindows版のインストーラーはMSI形式にて用意しているため、msiexecを利用した一般的なサイレントインストールを利用可能です。

 

詳細なインストール内容はInstall Traps Agent for Windowsをご覧ください(英語)

 

 

また、プロキシを利用している場合、Trapsエージェントは各WindowsログインユーザのPAC(Internet Explorerの設定)を読み込みプロキシ動作します。但し、Windowsのログオフ状態時にはPACの読み込みが出来ませんので、ログオフ時にTraps Management Serviceと通信させるためには、最後に記載するプロキシ設定を別途行ってください。

 

 

【構文】msiexec /i <インストールパス> /L*v <ログのパス> /qn

【例】msiexec /i c:\install\traps.msi /L*v C:\temp\trapsinstall.log /qn

 

※MSIEXEC部分の詳細な利用方法はMicrosoft社にご確認ください。
※MSIEXECの/qnオプションを利用した場合には、利用者には対話式のインストール画面は表示されずに、自動的にインストールが終了します。
※インストール終了後、自動的に再起動が行われることはなく、その時点で自動的にTraps管理サーバと接続し、動作開始します。

 

 

 //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【ログオフ時に通信するためのプロキシ設定】

Windowsにてユーザがログイン時はPACファイルを自動的に読み込みプロキシ設定が行われますが、Trapsエージェントが、ログオフ状態においてもプロキシ経由でインターネットに接続する環境の場合には、下記のプロキシの設定がTrapsエージェント上の端末で必要となります。プロキシサーバのDNS名(又はIPアドレス)とポート番号を事前に確認してください。 ※このコマンドを実行しても、プロキシ経由で無い環境からも接続が可能です。

 

※構文
netsh winhttp set proxy proxy-server="<protocol>=<proxyserver>:<port>

 

※例
netsh winhttp set proxy proxy-server="http=myproxy:8080;https=sproxy:8181"

 //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【トラブルシューティング】

 

接続が行えない場合には、下記を確かめてください。

 

・TrapsエージェントとESMサーバ間が疎通できているか?

 Trapsエージェントは443(SSL)を利用して接続します。

 ファイアウォール等でブロックしていないことを確認してください。

 

・プロキシ環境がある場合、プロキシの設定を行っているか?

 

・FQDNを利用してインストールを行った場合には名前解決ができているか?

 

・契約したライセンスを全て消費しているかどうか?