Trapsエージェントのインストール手順(Windows端末への対話式インストール)

Printer Friendly Page

Trapsエージェントのインストール手順(Windows端末への対話式インストール)

クライアント台数が少ない場合や、Trapsの評価を実施する際などは、Trapsエージェントをインストールする際には、対話式のインストールが簡単な方法です。

 

最新の詳細な手順はInstall Traps Agent for Windowsをご覧ください(英語)

 

また、プロキシを利用している場合、Trapsエージェントは各WindowsログインユーザのPAC(Internet Explorerの設定)を読み込みプロキシ動作します。但し、Windowsのログオフ状態時にはPACの読み込みが出来ませんので、ログオフ時にTraps Management Serviceと通信させるためには、最後に記載するプロキシ設定を別途行ってください。

エージェントのインストール手順は下記となります。

 

 

Trapsエージェントのインストーラーは32ビット版と64ビット版の2種類が存在します。

インストーラーは管理コンソールの「Agent Installations」から64ビット版または32ビット版をダウンロードできます。

2018-04-10_09h21_11.png

 

 

 

 

 

※こちらはWindows 10 64ビットOSにインストールした場合の画面となります。

 

2018-04-10_09h25_56.png

 

(1)インストーラーを起動して、インストールを行います。(要管理者権限)

 

 2018-04-10_09h28_30.png

 

(2)上記の画面が表示されますので、「Next」をクリックします。

 

2018-04-10_09h29_46.png

 

(3)上記の使用許諾契約(EULA)が表示されますので、同意いただける場合には

   「I accept the terms in the License Agreement」の左側にチェックを入れて、

   「Next」をクリックします。

 

 

 

 

 

 2018-04-10_09h30_34.png2018-04-10_09h33_04.png

 

(4)「Install」をクリックすると、インストールが開始されます。

   ※ユーザアカウント制御の画面が表示された場合には「はい」をクリックしてください。

 

 

2018-04-10_09h34_55.png

 

(5)「Finish」をクリックしてインストールが完了です。

 

 2018-04-10_09h37_02.png

 

(6)インストール後、ESMサーバと接続されているかを確認するためには、

   Windows デスクトップ画面右下のTrapsのアイコンをダブルクリックして、管理コンソールを開きます。

 2018-04-10_09h41_21.png

 

(7)高度なエンドポイント保護が「有効」となっており、

   画面下側の接続が「接続済み」と表示されていれば、

   Trapsエージェントは正常に動作しています。

 

 

 //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【ログオフ時に通信するためのプロキシ設定】

Windowsにてユーザがログイン時はPACファイルを自動的に読み込みプロキシ設定が行われますが、Trapsエージェントが、ログオフ状態においてもプロキシ経由でインターネットに接続する環境の場合には、下記のプロキシの設定がTrapsエージェント上の端末で必要となります。プロキシサーバのDNS名(又はIPアドレス)とポート番号を事前に確認してください。 ※このコマンドを実行しても、プロキシ経由で無い環境からも接続が可能です。

 

※構文
netsh winhttp set proxy proxy-server="<protocol>=<proxyserver>:<port>

 

※例
netsh winhttp set proxy proxy-server="http=myproxy:8080;https=sproxy:8181"

 //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【トラブルシューティング】

 

接続が行えない場合には、下記を確かめてください。

 

・TrapsエージェントとESMサーバ間が疎通できているか?

 Trapsエージェントは443(SSL)を利用して接続します。

 ファイアウォール等でブロックしていないことを確認してください。

 

・プロキシ環境がある場合、プロキシの設定を行っているか?

 

・FQDNを利用してインストールを行った場合には名前解決ができているか?

 

・契約したライセンスを全て消費しているかどうか?

ラベル(1)
Ask Questions Get Answers Join the Live Community
バージョン履歴
改訂番号
2/2
最終更新:
‎03-04-2019 08:50 PM
更新者:
 
寄稿者: