【Traps 4.x】Trapsエージェントのインストール手順(Windows端末への対話式インストール)

Printer Friendly Page

【Traps 4.x】Trapsエージェントのインストール手順(Windows端末への対話式インストール)

クライアント台数が少ない場合や、Trapsの評価を実施する際などは、Trapsエージェントをインストールする際には、対話式のインストールが簡単な方法です。

 

 

Trapsエージェントのインストーラーは32ビット版と64ビット版の2種類が存在します。

2017-09-26_23h14_49.png

・Traps_x64_4.1.0.28239.msi  ...64ビットOS用Trapsエージェントのインストーラー

・Traps_x86_4.1.0.28239.msi  ...32ビットOS用Trapsエージェントのインストーラー

 

 

Traps 4.1.0における、エージェントのインストール手順は下記となります。

※こちらはWindows 7 32ビットOSにインストールした場合の画面となります。

2017-09-26_23h18_54.png

(1)インストーラーを右クリックして、インストールを行います。

 

2017-09-26_23h20_26.png

(2)上記の画面が表示されますので、「Next」をクリックします。

 

2017-09-26_23h21_59.png

(3)上記の使用許諾契約(EULA)が表示されますので、同意いただける場合には

   「I accept the terms in the License Agreement」の左側にチェックを入れて、

   「Next」をクリックします。

 

2017-09-26_23h24_13.png

(4)上記の設定画面が表示されますので、下記情報を入力して、「Next」をクリックします。

   Host Name: ESMサーバのFQDN、またはIPアドレス

   Port: ESMサーバインストール時に指定したポート番号(変更しない場合には2125)

   Use: SSLを利用する場合はSSLを選択、SSLを利用しない場合にはNo SSLを選択

     (注意:SSLを利用する場合には、ESMサーバ側の設定に加え、

         Trapsエージェントのコンピュータストア領域のルート証明機関に

         ESMサーバを信頼するルート証明書が予め格納されている必要があります)

 

2017-09-26_23h29_42.png

(5)「Install」をクリックすると、インストールが開始されます。

 

2017-09-26_23h31_21.png

(6)「Finish」をクリックしてインストールが完了です。

 

 

2017-09-26_23h32_57.png

(7)インストール後、ESMサーバと接続されているかを確認するためには、

   画面右下のTrapsのアイコンをダブルクリックして、管理コンソールを開きます。

 

2017-09-26_23h34_29.png

(8)高度なエンドポイント保護が「有効」となっており、

   画面下側の接続が「接続済み」と表示されていれば、

   TrapsエージェントはESMサーバと接続が行われています。

 

 

【トラブルシューティング】

2017-09-26_23h40_57.png

上記のような画面となり、接続が行えない場合には、下記を確かめてください。

 

・TrapsエージェントとESMサーバ間が疎通できているか?
 (Windows標準のファイアウォール機能等でTrapsが利用する、

  TCP 80, 443, 2125番のポート番号(可変)を止めていないか?

 

・Traps管理コンソール上のTrapsエージェント情報が残っていないか?

 (残っている場合には対象端末をAgent Listから削除を行ってください)

 

・FQDNを利用してインストールを行った場合には名前解決ができているか?

ラベル(1)
Ask Questions Get Answers Join the Live Community
バージョン履歴
改訂番号
3/3
最終更新:
‎04-09-2018 05:18 PM
更新者:
 
寄稿者: