[JPN-003] Cortex XDR トラブル シューティング セミナー (情報収集編)

キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
L2 Linker
この記事は役に立ちましたか? はい いいえ
評価なし

トレーニングコースコード JPN-003 「Cortex XDR トラブル シューティング セミナー (情報収集編)」の内容を動画にいたしました。

本トレーニングは Cortex XDR に関するお問い合わせを弊社に Case Open する前あるいは実施頂いた後にどのような情報を採取するべきかについて、網羅的に解説することを目指しています。
また、一次切り分け、調査に際して多く利用されるステップ、ヒントとなる情報をご紹介いたします。

 

ご視聴にあたって

Cortex XDR について、一定の知識をお持ちの方に向けて作成しています。そのため、視聴対象として、以下のいずれかに該当される方を想定しています。

  • 「EDU-190 トレーニング」もしくは「EDU-260 トレーニング」を受講済の方
  • Cortex XDR の保守業務に携わられる方

 

動画メニュー

  1. Cortex XDR の概要とコンポーネント
  2. Cortex XDR の標準の調査用データの収集
  3. Cortex XDR の標準以外のデータ取得
  4. 障害調査事例
  5. 過検知アラートの対応例
  6. ベスト プラクティス

 

資料について

本ページおよび各動画について視聴制限を設けておらず、申し込みが不要でどなたでも参照できるようになっております。そのため、動画で使用している資料は配布しておりません。

この記事を評価:
Register or Sign-in
記事ダッシュボード
バージョン履歴
最終更新:
1ヶ月前
更新者:
寄稿者: