Traps バージョン 4.1.x で SQL 文を使用して Trusted Signer を追加する方法

告知

ATTENTION Customers, All Partners and Employees: The Customer Support Portal (CSP) will be undergoing maintenance and unavailable on Saturday, November 7, 2020, from 11 am to 11 pm PST. Please read our blog for more information.

Printer Friendly Page
  • Windows の場合

    #NAME# を Trusted Signer として追加したい名前に変更して以下 2 つの SQL 文を実行します

    INSERT INTO [dbo].[UserPublishers] ([PublisherName],[IsActive],[OsType],[Hash]) VALUES ('#NAME#', 1, 1, NULL)

    UPDATE CacheCounter SET Value = Value + 1 WHERE Category = 0


  • Mac の場合

    1. アプリケーションの SHA1 の確認

      [application path] を Trusted Singner として追加したいアプリケーションのパスに変更して以下のように codesign コマンドを実行します

      $ codesign -d --extract-certificates [application path]

      上記実行後、codesignX(例:codesign0) が作成されるので、作成されたファイルに対して以下のように shasum コマンドを実行し、出力されるハッシュ値をメモします

      $ shasum codesign0 

    2. SQL 文を使用した Traps Database への Trusted Signer の追加

      #NAME# を Trusted Signer として追加したい名前、また #HASHVALUE# を 1. で確認したハッシュ値に変更して、以下 2 つの SQL 文を実行します

      INSERT INTO [dbo].[UserPublishers] ([PublisherName],[IsActive],[OsType],[Hash]) VALUES ('#NAME#', 1, 2, #HASHVALUE#)

      UPDATE CacheCounter SET Value = Value + 1 WHERE Category = 0
バージョン履歴
改訂番号
2/2
最終更新:
‎08-27-2018 05:53 PM
更新者:
 
寄稿者: