[Cortex XDR/XSIAM]エンドポイントのインベントリ情報の収集と活用 - Host Insights add-on

キャンセル
次の結果を表示 
表示  限定  | 次の代わりに検索 
もしかして: 
告知
重要なadvisoryがございます。Customer Advisoryエリアにサインインし、advisoryに添付の日本語PDFファイルをご確認ください。
L4 Transporter
評価なし

Host Inventory機能を使用すると、全てのエンドポイントのインベントリを取得して可視化します。

インベントリは過去30日間分を保持しているため、過去のインベントリと現在のインベントリの状態を比較することができます。

例えばエンドポイントにおいて侵害が確認された場合に、状態に変化点がないかどうか確認することができます。

 

 

 

Host Inventoryは、AutorunやServiceなど様々なインベントリを収集します 

massaito_0-1660636211027.png

 

以下のように、「Primary」から比較したいインベントリと「Compare」日付を選ぶと、

massaito_0-1660636444747.png


比較し変化点を確認することができます。

massaito_1-1660636488654.png

 

massaito_3-1660636551933.png

 

Tech Docs

以下にリンクを記載していますので合わせてチェックしてみてください。

ライセンスについての説明はこちら

Host Inventoryの説明はこちら

 

この記事を評価:
  • 1617 閲覧回数
  • 0 コメント
  • 0 賞賛
Register or Sign-in
寄稿者
記事ダッシュボード
バージョン履歴
最終更新日:
‎11-02-2023 04:34 AM
更新者: