セキュア コピー (SCP) を使用して"Running Configuration"をインポート/エクスポートする方法

Printer Friendly Page

※この記事は以下の記事の日本語訳です。
How to Import/Export Running Configuration Using Secure File Copy (SCP)

https://live.paloaltonetworks.com/t5/Management-Articles/How-to-Import-Export-Running-Configuration-...

 

 

詳細

CLIからセキュア コピーを使用することで、Palo Alto Networksデバイスから、デバイスの設定をインポート、あるいはエクスポートすることができます。

 

注:デフォルトで、デバイスは管理インターフェースを利用してSCPサーバーと通信を行います。管理インターフェース以外のインターフェースを使いたい場合、SCPのインポート/エクスポート コマンドで、送信元IPアドレスを指定する必要があります。

 

SCPを使用した"running configuration"のエクスポート方法:

  • スーパーユーザー、またはデバイス アドミンの権限を持つ"admin"としてCLIにログインします。以下のコマンドは、定期的に設定のバックアップを取得するためのスクリプトを使いたい場合にご利用いただけます:

    > scp export configuration from running-config.xml to username@host-ip:path

  • "path"は、宛先のSCPサーバー上で有効なディレクトリのパスである必要があります。このファイルは、"running-config.xml"という名前でSCPサーバー上に保存されます。

 

SCPを使用した設定のインポート方法:

  • スーパーユーザー、またはデバイス アドミンの権限を持つ"admin"としてCLIにログインし、以下のコマンドを実行します:

    > scp import configuration from name@host:path/xyz.xml

    注:この"xyz.xml"ファイルの名前は、"running-config.xml"以外の名前であれば、どんな名前でも問題ありません。

  • インポートした設定を適用するためにコミットをクリックします。

 

 

著者:sjanita