[Cortex XSIAM ] Cortex Copilot - Secure Smarter, Not Harder

キャンセル
次の結果を表示 
表示  限定  | 次の代わりに検索 
もしかして: 
L4 Transporter
評価なし

 現代のサイバーセキュリティ環境では、進化し続ける脅威に迅速かつ効果的に対応するための技術が必要不可欠です。

その一環として開発された「Cortex Copilot」は、セキュリティオペレーションを根本から変革するための

先進的なツールです。 

 

以下ではブログ記事「Cortex Copilot - In SecOps, You Should Secure Smarter, Not Harder」の要約で、

Cortex Copilotの主要な特徴とそのセキュリティオペレーションへの影響について説明します。

詳細は上記のブログを参照ください。

 

1. Cortex Copilotの導入目的と機能


Cortex Copilotは、サイバーセキュリティに対するアプローチを変革するために設計された先進的なセキュリティオペレーションアシスタントです。このツールは、セキュリティアナリストが日常の作業を通じてコンテキスト情報と段階的なガイダンスを提供し、インシデントの解決を迅速化し、新たに出現する脅威に対して先手を打つことを可能にします。

 

 

2. 効率の向上と優先順位の明確化

 

Cortex Copilotは、プラットフォーム上での新しいインシデントのレビューや、システムやユーザーの調査、侵害の兆候の特定を迅速に行うことができます。また、インシデントの詳細に脅威情報を自動的に付加し、システムの隔離や悪意のあるファイルの破壊といった対応行動を提案することで、アナリストが重要な情報や行動に集中できるよう支援します。

 

 

3. 脅威ハンティングの民主化


Cortex Copilotは、異なるスキルレベルのアナリストがデータソースを横断して簡単に検索し、検索結果に基づいてガイドされたハンティングアクションを行うことを可能にします。これにより、経験豊富な実務者に限られていた行動が、より広い範囲のアナリストによって実行され、高度な脅威を発見し、セキュリティの効果を高めることができます。

 

 

 

この記事を評価:
  • 348 閲覧回数
  • 0 コメント
  • 0 賞賛
  • 121 購読
Register or Sign-in
寄稿者
記事ダッシュボード
バージョン履歴
最終更新日:
‎05-21-2024 05:53 AM
更新者: