[Cortex XSOAR] XSOARとは?

キャンセル
次の結果を表示 
表示  限定  | 次の代わりに検索 
もしかして: 
L4 Transporter
評価なし

SOARとは?

 

SOAR(Security Orchestration, Automation, and Response)は、

サイバーセキュリティイベントの対応プロセスを効率化する技術です。

自動化されたツールを使用して、アラートの評価、脅威の調査、対応の実行を行います。

これにより、手動での作業が減少し、迅速かつ効果的な脅威対策が可能になります。

SOARは、複数のセキュリティツール間での情報共有を促進し、組織の防御機能を強化します。

 

 

なぜSOARが必要とされるのか?

 

SOAR(Security Orchestration, Automation and Response)ソリューションの需要が高まっている背景には

いくつかの要因があります。

 

1. サイバー脅威の増加しておりかつ複雑化している

サイバー攻撃は日々進化し、より巧妙かつ損害をもたらすものになっています。

企業や組織はこれらの脅威から自身を守るために、迅速かつ効果的な対応策が必要です。

 

2. リソースが制限されている

多くの組織では、セキュリティ専門の人材不足に直面しており、限られたスタッフで多数のアラートを

管理しなければならない状況です。

特に日本においては人口が減少する中で、今後一般的な労働力不足や専門技術者の不足を招くと言われています。

特にサイバーセキュリティ分野においては現在においても人手不足を招いており、

将来を見据えた効率的なリソースの活用が求められています。

 

3. インシデント対応の高速化が求められている

SOARツールはインシデントの検出から対応までの時間を短縮することができます。

自動化されたワークフローを利用して、脅威に対する迅速かつ一貫した対応を実現することができます。

 

 

4. コンプライアンスとレポートの要求

多くの規制要件がセキュリティの監視とレポートを求めています。

米国証券取引委員会 (SEC) に新たな規則 4日以内の重要インシデント開示で SOC の見直し迫る

の記事でも説明されているように、規制当局は組織に対してサイバーセキュリティ事故に関する透明性を高めることを

要求すると共に、そのようなインシデントを迅速に公開することを要求しています。

 

これらの要因により、SOARは現代のサイバーセキュリティ環境において非常に重要なツールであり、

組織が脅威に迅速かつ効果的に対応し、リスクを軽減するための打ち手であると言えます。

 

XSOARとは?

 

Cortex XSOARは、自動化とオーケストレーションを通じてセキュリティ運用を強化するプラットフォームです。

これにより、インシデント対応時間を大幅に短縮し、SOCチームが効率的に作業できるようにします。

また、900以上のプリビルト統合と自動化パックを提供し、複雑な脅威に対応するためのプレイブックを

視覚的に編集できる機能を備えています。

XSOARは、脅威インテリジェンスの自動処理やスコアリング、セキュリティアラートの改善にも寄与します。

 

 

 

 

なぜXSOARなのか?

 

Cortex XSOARの優位性があります。

 

1. 高度なオーケストレーションと自動化

 

XSOARは900以上のプリビルト統合と自動化パックを提供し、セキュリティ対応を効率化します。

 

 


2. 迅速なインシデント対応

 

ビジュアルプレイブックエディターと統合されたリアルタイムのワーキングルームにより、

インシデントの調査と対応を加速し、インシデント対応に費やす時間を大幅に削減できます。

 


3. リソースの最適化

手動作業を自動化し、SOCチームがより重要なタスクに集中できるよう支援します。

 


4. 脅威インテリジェンスの活用

 

脅威インテリジェンスを自動処理し、最新の脅威情報を即座に活用できるようにします。

 

 

 

Resource

以下にXSOARに関する情報がありますので、併せてご参照ください。

Cortex XSOAR

Cortex XSOAR よくある質問

 

この記事を評価:
  • 310 閲覧回数
  • 0 コメント
  • 0 賞賛
  • 121 購読
Register or Sign-in
寄稿者
記事ダッシュボード
バージョン履歴
最終更新日:
‎05-19-2024 04:22 PM
更新者: